サントス ドゥ カルティエ

1904年に、腕に着けることを前提に初めてデザインされたウォッチです。

DESIGN NOTES

デザイン

 

サントス ドゥ カルティエ ウォッチのデザインはカルティエのウォッチメイキングを象徴しています。フォルムの概念、ミニマリズムの追求、完璧なプロポーション、そしてディテールへのこだわりに基づいています。

A LEGENDARY HISTORY

伝説と歴史

 

シンプルさ、実用性、革新を3大理念とするアルベルト・サントス=デュモン。航空界のパイオニアであるサントスのあらゆるプロジェクトに共通しているのは、絶え間ない進化への渇望です。1904年、ルイ・カルティエは、飛行中に時間を確認したいというこの著名な飛行家の願いを叶え、腕に着けることを前提にデザインした初のモダンウォッチを開発しました。

たゆまぬ進化

1904年の誕生以来、サントス ドゥ カルティエ ウォッチのデザインは時代に合わせて進化し続けています。